ビール券の使える店や意外な利用方と換金買取相場

ビール券の価格や購入方法

実際に使う前に、ビール券の価格や購入方法で、押さえておきたいポイントは何点かあります。ビール券は発行額と額面に違いがあり、額面のほうが低いという変わり種の金券なのです。
ビール券の価格や購入方法で、まず数字を確認すると、発行額は「大瓶2本券」が784円、「缶2本券」が539円となっています。ただし、実際はそれぞれ想定価格で使う規定なので、大瓶2本券が-60円で724円の金券に、缶2本券が-45円で494円の金券に格下げとなります。
ビール券の価格や購入方法は、デパートのサービスカウンターなどで簡単に把握できます。ただ、デパートでは発行額での販売限定なので、自分用というよりデパートのブランド力を付加した贈答品の性格をもった商品です。
ビール券の価格や購入方法の奥義は、金券ショップで激安で購入することです。ただし、2005年以降の発行分には、有効期限があるので要注意です。

ビール券の見方

※以下のキャプチャー画像からリンクしてます。

※引用:http://www.zensyukyo.or.jp

ビール券の使い方

通常、ビール券の使い方は、額面の商品券としてビールの購入に充てるというものです。どんなお店で使えるかですが、全国の酒屋さんはもちろん、量販店・百貨店・コンビニ・スーパーなど、そこでビールやお酒を扱っているお店ならばどこでも使えます。
以下のようなポスターが貼ってあれば間違いありません。

額面では、大瓶2本券が724円、缶2本券が494円として使うので、超過分は現金で補って使う仕組みです。反対に、ビール購入金額が額面を下回っても、おつりは出ません。
したがって、スーパーやディスカウントストアで安く購入することが、一歩差をつけるビール券の使い方です。元々「2本券」となっていますが、値段内であれば3本も4本も買えます。
また、ビール以外の商品購入に充てるのも、裏ワザ的なビール券の使い方です。多くの店舗でビール以外でも使用可としているので、手持ちの券を使っても大丈夫か店舗で要確認です。
ちなみに、ビール券の使い方にホテルの宿泊代の一部に充てるというものもあります。東急インでは、ビール券を使った精算方法も受け付け可なのです。本来ビールのための商品券が、宿泊クーポンとして転用された格好です。

ビール券の換金

金券ショップで、ビール券の換金はありふれた光景です。机の片づけをしたときなど、ひょんなことから死蔵されていた金券が表舞台に躍り出て、ちょっとした臨時収入になるかもしれません。
ビール券の換金は、大半の金券ショップで受け付けていて、券の額面以下が買い取り価格になります。ビール券は額面のほうが発行額よりも低いので、売る側にとっては図書カードなどと比較して、実入りが少ない金券と映ることでしょう。
ビール券の換金は、新品同様かそれに近い状態であるほど有利です。反対に、汚れがひどいもの、有効期限が迫っているものなどは、ビール券の換金率が下がる傾向があります。
ビール券は有効期限まであとわずかという場合、たとえ換金できたとしても、買取金額が大幅ダウンするのが常のことです。状態や有効期限をみて、ビール券の換金に不利と判明したならば、換金はあきらめて自分で使い切ったほうがよほど有効活用できます。
さまざまな商品や金券買取で有名な大黒屋では、本日の買取相場もチェックすることができます=リンク



同じジャンルの記事

  1. ニトリ

  2. ノジマ電気のホームページや店舗案内・ネットショップについて

  3. アイシティ21の店舗の情報や映画の上映スケジュールなどについて

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
error: Content is protected !!