注目キーワード
  1. ファッション
  2. デザイン
  3. 流行

サークルKの店舗やATM・チケット購入などのサービスについて

サークルKの店舗

サークルKはサンクスと合わせ全国北海道から九州まで、店舗数は6200を超えています。最近は全国各地で異変が起きていますが、これはコンビニ業界全体の状況です。
周知のように、サークルKはファミリーマートと経営統合しています。既存の店舗は次々ファミリーマートへ転換されつつあり、700店舗近くの不採算店は完全閉鎖の運命にあります。現在展開中の店舗を見るには、公式サイトの店舗検索でチェックするか、そのページからエリア選択をして、その地域の店舗一覧を見てみるとよいでしょう。また、閉店リストを見たい場合、公式ではありませんが任意で情報をまとめたページがあります=閉店リス
サークルKの店舗では、これまで使えていた楽天ポイントカードは2017年9月末で終了となったので、既存のポイントは使える施設で消化するよりほかはありません。ファミリーマートで通用するのはTポイントで、カードをまだ持っていない人は、新規に入会手続きをする必要があります。

サークルKのATM

サークルKのATMは、ゼロバンクが主要機種です。銀行によっては取り扱い手数料が無料になるなどで、コンビニ族に重宝がられていたものです。
サークルKには、バンクタイムやイーネットのタイプもあります。もっとも利用者の側としては、機種よりも手数料のほうが関心事になるでしょう。ファミリーマートへの転換後は、設置機種が一新されることは目に見えています。
現状、ファミリーマートになった後も一部店舗で当面、旧サークルKのATMが引き続き使えることになっていますが、早晩ファミリーマートのATMに置き換わるのは規定路線です。ゆうちょATMが設置されるケースもあるとのことで、手数料など今後の使用条件は要確認です。使用可能時間が変更されているケースもあるようです。

サークルKサンクスの店舗やATMの検索はこちら=リンク

サークルKとファミマ

サークルKは経営統合により現在、次々とファミマブランドにリフォームされています。一部の店舗を閉店させつつ将来、全国に約18000店舗の巨大コンビニチェーンとして生まれ変わる計画です。
サークルKがファミマへ転換されれば、ネット銀行のATMの扱い、人気メニューが食べられなくなるなど、不安の声は少なからずあがっています。ただ、サークルKの人気商品・焼きとりや「濃厚焼きチーズタルト」は、当面は販売継続の方針のようです。
一方、サークルKがファミマ化すればTポイントが使えるようになるのはメリットです。ファミマカフェやファミチキなどの人気商品も、もちろん手軽に食べられるようになります。

サークルKでチケット購入

サークルKでは、「Kステーション」でコンサートやライブのチケットを購入することができます。事実上、チケットぴあの代理店のようなもので、豊富なラインナップの中から選べます。
チケットぴあ公式サイトでコンサートやライブを予約すると、サークルKのKステーションで発券してもらうことができます。コンビニでの受付時間は、朝5:30〜26時となっています。
サークルKでチケットを発券するには、ネット予約の際に発行された「引換え番号」(9ケタ)の入力が必要になります。さらに予約の際に登録した電話番号(下4ケタ)の入力も機械を操作して入力してからレジで清算し、晴れてチケット現物を手にできる仕組みです。

最新情報をチェックしよう!
広告
error: Content is protected !!