バルミューダ

バルミューダとは

安っぽい家電はもうご免という向きに、バルミューダ・ブランドが人気です。全体に高価格品が多いのですが、炊飯器やトースターは本物志向と評判で、ヒットアイテムを連発している家電メーカーなのです。
バルミューダは社長がユニークな人で、雑誌や新聞のインタビュー記事で興味をもった人は多いようです。元々デザイン畑の人だったこともあって、製品のスタイリッシュなデザインが評価され、グッドデザイン賞を多数受賞しています。
バルミューダは日本の家電メーカーの一つで、とくにキッチン製品が大人気です。お金持ちご用達のイメージができていますが、1台でもあれば部屋の雰囲気が一気にグレードアップするでしょう。

バルミューダの商品

バルミューダは現在、キッチン製品が主力商品です。オーブンレンジやコーヒーメーカーなど、シックでスタイリッシュなデザインが受け、家事や家庭のだんらんを楽しくしてくれる商品たちなのです。
バルミューダの商品には、扇風機、デスクライト、加湿器など生活家電のラインナップもあります。グッドデザイン賞を受賞した実績は多数あるほどで、部屋のインテリアとしても見栄えがすると評判です。
バルミューダのただひとつといえるデメリットといえば、商品の価格が高いことにつきます。それでも高コスパを評価する口コミは多数あり、ヨーロッパテイストのお洒落な家電は、モノのもつ喜びを与えてくれるようです。

バルミューダのトースター

バルミューダのトースターでユニークなのは、付属のカップで5ccの水を注いでからトーストする点です。スチーム効果で程よく焼き上げ、外はサクサク・内はもっちりの食感は、ホテルのパンのようだという評判です。
バルミューダのトースターは最大230度まで加熱でき、オーブンのような使い方もできます。フランスパンやクロワッサンを最高級品に変身させる本物志向も、お試しの価値大です。
バルミューダのトースターはデザイン的にも優れていると評判で、黒・白など4種類のカラーから選べます。実勢価格が2.5万円ほどと高価格がデメリットですが、パン好きに好評でホテル並みのトーストで優雅な朝を迎えるのも乙なものです。

バルミューダのケトル

バルミューダの電気ケトルは実勢価格が1.2万円ほどで、一生モノとして使うに値する家電です。シックな大人の風格のあるデザインは装飾品といってよく、白・黒のカラーが選べます。
昔ながらのやかんと違い、バルミューダの電気ケトルは容量が600mlで、現代人にはお手ごろサイズです。コーヒー・紅茶は3杯分、カップヌードルサイズのインスタントは2杯分が目安です。
バルミューダの電気ケトルはデザインが研究されつくされていて、ハンドリング・注ぎごこちともにパーフェクトと評判で、ハンドルの先には見やすいライト付きです。お湯を沸かして注ぐという日常の行為を、グレードアップさせる魔法のケトルです。

人気の商品詳細は=リンク



同じジャンルの記事

  1. ユニクロ

  2. ケーズデンキの店舗やチラシ検索やネット通販

  3. Qoo10(キューテン)

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
error: Content is protected !!